こんな女と結婚しろ「家庭的だな」と思う女性TOP10!!!!

  




“イクメン”という言葉も定着した一方で、結婚後も働き続ける女性が増え、家庭での男女の役割は変わりつつある。しかし、理想の結婚相手として
「家庭的な女性」を挙げる男性はいまだに多いだろう。では、普段どのように家庭的かどうか見分けているのだろうか? 
そこで、20〜30代の社会人男性200人に、職場で「家庭的だな」と感じる女性についてアンケート調査した。

■職場で女性に“家庭的だな”と感じるポイントTOP10
(3位まで回答。1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力:アイリサーチ)

1位 手作り弁当を持参している 296pt
2位 デスクがキレイに整頓されている 103pt
3位 水筒を持参している 101pt
4位 言葉遣いが丁寧 93pt
5位 化粧が濃くない 78pt
6位 箸の使い方や食べ方がキレイ 54pt
7位 露出の多い服装や派手な服装は好まない 41pt
8位 飲み会で大皿料理が出てきたら進んで取り分けてくれる 40pt
9位 ブランドものが好きではない(or控えめに持っている程度) 35pt
10位 字がキレイ 32pt

ほかを大きく引き離して「手作り弁当を持参」が1位に。やはり料理ができると家庭をイメージしやすいのだろうか。また、2位の「デスクがキレイに整頓されている」、
3位の「水筒を持参している」など、何かとマメな人が好まれるようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/13814271/


続きを読む

ダイナマイトボディー・月城まゆ、敗者復活から「ミスFLASH」グランプリ

  2017/01/18(水) 05:30:01.29

2017年1月17日(火) 15時29分

 雑誌FLASHによるグラドル発掘オーディション・「ミスFLASH」で今年度の「ミスFLASH2017グランプリ」が発表。22歳の月城まゆが選ばれた。

 今回で11回目を迎えた「ミスFLASH」。1月17日発売のFLASH誌で発表されたミスFLASH2017グランプリ3名のうちのひとりに選ばれた月城は1994年生まれ、兵庫出身の22才。86センチのバストにウェスト58、ヒップ88とキュッと引き締まったダイナマイトボディーが魅力だ。

 オーディションでは女子高生から現役アイドルまで、全国からの応募は約400通。昨年8月にセミファイナリスト30名を選出し、ネット生放送番組、撮影会などを通じてファン投票によるサバイバルバトルを実施。9月にファイナリスト15名に絞り込まれた。

 月城はミスFLASH史上初、敗者復活のチャレンジバトルから下剋上グランプリに輝いた。月城は「上京したばかりで、どんなバトルなのかわからずに勢いでエントリーを決め、壮絶なバトルに悔しくて涙を流す日もありました。」と振り返り、「男女ともに人気のあるグラドルになります!後悔させませんのでこれからも応援よろしくお願いいたします!」とこれからの活動について意欲を語っている。

 グランプリのお披露目グラビアは2月7日号のFLASHに掲載予定。








http://www.rbbtoday.com/article/2017/01/17/148644.html


‖その他の画像‖
・『ミスFLASH2017』グランプリ・月城まゆ(22)(C)Deview






・「ミスFLASH2017」受賞会見



続きを読む

夜のエッフェル塔の写真撮影は違法。その理由とは?

ガラケー記者 ★ 2017/10/28(土) 13:48:36.08

 1889年に建てられたエッフェル塔はフランスの首都パリの象徴的な名所となっている。パリを訪れた観光客なら必ずここで撮影をするだろう。

 特に夜、ライトアップされたエッフェル塔はとても美しい。思わず記念撮影したくなる。だがそれをやったら違法となる。昼間のエッフェル塔ならOKだ。でも夜間に撮影した写真を許諾無しにSNSなどにアップすると罪になってしまうのだ。

 いったいなぜなのか?
 その理由がわかる動画が公開されていたので見てみることにしよう。

EUの著作権法にある「風景の自由」
 昼間のエッフェル塔を撮影することはOKだ。だが夜はだめだ。

 ネット上を探すとエッフェル塔の夜の写真はあるにはある。だがこれはすべて承諾を得たものである。

  EUの著作権法により、著作者の存命中と死んでからの一定期間、その著作物の独占的販売権と頒布権が認められている。

  通常なら建築物は芸術作品にあたるため、映画や歌と同様に扱われる。だがEU著作権法には”風景の自由”という例外がある。 使用料を支払わずにそれを複製してはダメだが、 ”風景の自由”という例外のおかげで撮影ならOKだ。

  英国とEUの大部分では、公共の場の屋外風景を撮影・複製・販売できる。だがフランスは違う。EU著作権法では”風景の自由”の除外も認められているのでフランスはそうしたのだ。
なぜ昼のエッフェル塔は撮影してもOKなのか?
 
 エッフェル塔の設計者はモーリス・ケクランとエミール・ヌーギエで、その設計を購入したのはギュスターブ・エッフェルという人物だ。

  彼は著作権も購入し、1923年に死去した。そして70年後の1993年、著作権は切れた。 今エッフェル塔はパブリックドメインに属する。 なので日中の撮影はOKとなったのだ。

夜のエッフェル塔を撮影すると違法になる理由
 1985年、エッフェル塔に照明が設置された。 これが著作権法における芸術作品に該当するのだという。そこで改めてパリ市がこのライトアップ著作権を取得した。 ゆえに夜間ライトアップされた塔の撮影は著作権の侵害となるのだ。

 故に日中の撮影は自由だが、夜間の写真を使用する場合、事前の許可が必要となる。
 エッフェル塔だけではなく、ヨーロッパでは結構そういう場所がある。ルーブルのピラミッド、コペンハーゲンの人魚姫像、 ローマの駅舎なども同様だ。

  実際はエッフェル塔の著作権が訴訟沙汰になったことはないが、今後状況が変わらないとは限らない。 観光名所での写真撮影はあらかじめ確認し、むやみにネットにアップしないほうが良いだろう。
karapaia
2017年10月27日
http://karapaia.com/archives/52248084.html



続きを読む
ギャラリー
  • いかつく汚い方言ランキングwwwwwwwwww
  • サザン桑田佳祐、謝罪の裏事情…事務所の株価動向&NHKへ配慮?
  • 【画像】この横断歩道で起きる事故を予想できたら天才
  • こんな女と結婚しろ「家庭的だな」と思う女性TOP10!!!!
  • ダイナマイトボディー・月城まゆ、敗者復活から「ミスFLASH」グランプリ
  • ダイナマイトボディー・月城まゆ、敗者復活から「ミスFLASH」グランプリ
  • ダイナマイトボディー・月城まゆ、敗者復活から「ミスFLASH」グランプリ
  • ダイナマイトボディー・月城まゆ、敗者復活から「ミスFLASH」グランプリ
  • ダイナマイトボディー・月城まゆ、敗者復活から「ミスFLASH」グランプリ
最新コメント
QRコード
QRコード
メッセージ

パパッとニュース速報では相互リンクを募集しています

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ