困窮のギリシャ市民、野菜くず集め食いつなぐ…失った尊厳、生活苦も限界、国民はやり場のない怒りと失望感

:Hi everyone! ★ :2015/01/21(水) 10:32:10.46 ID:???

 日が傾きかけた午後4時過ぎ。店じまいを始めたアテネ市内の青空市場に、ショッピングカートを引いた人たちが集まってきた。「野菜くずを
集めて食いつなぐしかない」。粗末な身なりの女性が嘆いた。財政危機に陥り、欧州連合(EU)などの監督下で財政再建を進めるギリシャでは、
増税、年金削減など厳しい緊縮策が低所得者層を直撃した。仕事も尊厳も失い、耐乏生活は限界に。25日の総選挙を前に、国民はやり場の
ない怒りと失望感を抱えている。

 真冬の寒風下、マリアと名乗る60歳の女性はごみ箱の野菜をあさっていた。穴の開いたスカートにサンダル履き。「ここで食べ物を集め、
子供や孫たちと分ける」。離婚後、5人の子供を育ててきた。病気で働けず、子供たちも定職はない。

 市場に店を出す男性は「緊縮策が始まった約4年前からは、移民だけでなく、自尊心の高いギリシャ人も来るようになった」とため息をついた。

 ギリシャ統計局によると、「貧困や社会的疎外の危機」に直面する国民の割合はここ数年上昇が続き、2013年に35・7%に達した。失業率は
約26%で高止まりし、中流層の多くが貧困層に転落。最低限の生活水準が維持できなくなった市民が急増した。

 アテネの民間支援団体「アルトス・ドラシ(パンと行動)」の食料配布センターには毎日、失業者らが列をつくる。96年の設立以来、主に移民を
支援してきたが「今では支援対象の8割がギリシャ人」とラザロス・パパヨルギウ会長(65)は説明する。

 元トラック運転手ミハリス・チャウショグルーさん(59)は4年間失業中。4人の子供を抱えるが「若者さえ就職できないのに、私が職を見つける
のは難しい」。家賃を7カ月滞納し、退去要求におびえる毎日だ。

 支援を求める人は増える一方だが、不況で寄付が減り、支援団体の運営費は底を突く。「途上国なら世界中から支援してもらえるが、先進国
ギリシャの貧困は分かってもらえない」とボランティアのポピーさん(67)。

 ギリシャ経済には回復の兆しも見える。観光客も戻り、アテネ中心部では高級店で買い物や食事を楽しむ市民の姿も。しかし、パパヨルギウ
会長は「恩恵を受けているのはごく一部の市民だけ。統計上の数字は、貧困層には届いていない」と指摘する。

 失業中の30代の男性は「ギリシャはEUに従う奴隷だ。確かなのは、明日もまたここに来るということだけ」と言い残し、センターを後にした。
(アテネ共同=植田粧子)

ソース(共同通信) http://www.47news.jp/47topics/e/261214.php
写真=アテネ市内の青空市場で、ごみ箱に捨てられた野菜をあさる女性=14日(共同)




続きを読む

米国「対ロ制裁でAK47を輸入できない… だから国内で製造するよ!!」

:カーフブランディング :2015/01/21(水) 23:56:46.07 ID:g8nyPcAD0

AK47、米国で製造へ 対ロ制裁の禁輸受け
ttp://www.cnn.co.jp/business/35059261.html

銃器メーカーのRWCは、対ロシア制裁で禁輸品となったロシアのカラシニコフ銃
「AK47」を米国内で製造すると発表した。製品名もAK47の名称をそのまま利用する。

同社はこの発表を、ラスベガスで開かれている銃の展示会のカラシニコフUSAブースで行った。
AK47の米国での商標権はRWCが持っている。

RWCはこれまでAK47の輸入販売を手掛けていたが、ウクライナ問題で米政府が昨年7月、
ロシアに制裁を科したことにより、米国への輸入ができなくなった。
AK47の本家であるロシアのカラシニコフ社と連絡を取ることも認められないという。

トーマス・マクロシン最高経営責任者(CEO)によれば、今のところはまだ十分な在庫があるが、
在庫が尽きればそれ以上の輸入はできなくなる。
そこで今年4月以降、新しい工場で米国製のAK47製造に乗り出すことにした。

AK47は第2次世界大戦後の旧ソ連で製造され、世界中に広まった。
中国や欧州、米国など世界各地で模造品も出回っている。




続きを読む

兄(5)が弟(9ヶ月)を.22マグナムでヘッドショット

:かかと落とし :2015/01/22(木) 00:30:49.74 ID:FkU85SFx0

5歳児が銃を誤射か 弟が死亡 米ミズーリ州
ttp://www.cnn.co.jp/usa/35059254.html

米ミズーリ州北西部の町で、5歳の男児が自宅の寝室にあった銃を発砲し、
生後9カ月の弟が頭部を撃たれて死亡した。

地元保安官がCNN系列局に語ったところによると、
男児はベッドの近くに放置されていた22口径のマグナム・リボルバーを見つけ、
室内の柵の中にいた弟に向けて発砲したとみられる。

母親は当初、子どもがペイントボール用の銃で弟を撃ったと緊急通報した。
弟は空路カンザスシティーの病院へ運ばれたが助からず、死亡が確認された。

男児は誤って発砲したとの見方が強く、大人の法的責任が問われる可能性もある。
銃の持ち主は親族だが母親ではないとされ、警察が詳しく調べている。

同保安官によれば、この地域は銃を持っている住民が多く狩猟や射撃も盛んだが、
大半の人が銃の管理には十分に注意しているという。

米国内ではこれまでも子どもによる銃の誤射で悲劇が起きている。
昨年1月にはミシガン州デトロイトで、4歳の女児が同い年のいとこを誤って射殺した。
8月にはアリゾナ州にある射撃場の教官が、9歳の女児の銃弾で死亡。
12月にはアイダホ州のスーパー店内で2歳児が銃を発砲し、母親が死亡した。




続きを読む
ギャラリー
  • 【速報】気象庁「北朝鮮の核実験で観測された地震、これまでのものと比べ少なくとも10倍は大きい」
  • アマゾンプライムってマジヤバ過ぎじゃねーーかwwwwwwwwww
  • 【北朝鮮】ICBM搭載用の水爆実験に完全成功と発表
  • 「1万円札を廃止すべきだ」米教授 「資金洗浄や脱税を蔓延させるほか、タンス預金を助長する」
  • 元サッカー日本代表、高原直泰さんの現在wwwww
  • 元サッカー日本代表、高原直泰さんの現在wwwww
  • 元サッカー日本代表、高原直泰さんの現在wwwww
  • 元サッカー日本代表、高原直泰さんの現在wwwww
  • 作業員男性(44)、フォークリフトに巻き込まれ下敷きになって死亡 運転していた会社員の男(30)を逮捕…大阪・南港
最新コメント
QRコード
QRコード
メッセージ

パパッとニュース速報では相互リンクを募集しています

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ